雨漏りの修理はお早めに

突然の雨漏り、慌ててしまいますね。

築年数に関係なく発生する厄介なものですが、そのまま放置しておくと建物の傷みが進んでしまいますので、早めに修理してしまいましょう。しかし、雨漏りを修理するとなると、費用が高額になるのではと心配になりますね。雨漏りが悪化していなければ部分修理で済みますので、費用も少なくて済みます。ですから、悪化しないなるべく早いうちに、信頼のおける専門業者に依頼して、現地調査をしてもらい、状況確認と対策の提案をしてもらいましょう。提案に納得できて、修理を依頼する場合には、万が一の時に保証がついているかどうかを確認してください。

業者によって保証期間も様々ですので、注意が必要です。では、修理するとなるとどのくらいの費用がかかるのでしょうか。個々の状態によって費用は大きく変わってきますが、だいたいの目安をお知らせします。まず、原因が亀裂やひび割れなど深刻ではない場合は、数万円から10万円程度で済みます。広範囲にわたっていて大掛かりな工事が必要になる場合は、20万円~100万円。

傷んだ屋根材を取り払い一新する吹き替え工事などでは200万円から300万円程度かかることもあります。大掛かりなものになると、費用も高額になって頭が痛いですね。そんなときは、火災保険を確認してみてください。雨漏りの被害については、火災保険で補償されることがあります。例えば、台風や強風が原因であるとか大雪で屋根や雨どいが被害を受けたなどの自然災害による雨漏りの場合、原因か所を保険金で直すことができます。加入されている火災保険の内容を一度確認して見られることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *