雨漏りの修理を防水コーキングで対応する

屋上が施工されている一戸建ては、定期的に防水コーキングを実施しましょう。

防水コーキングの機能が低下していると、雨漏りが発生してしまう場合があるからです。屋上が施工されている一戸建ては、工務店による定期メンテナンスが行われていますが、築年数が経過すると定期メンテナンスと定期メンテナンスとの間隔が長くなり、定期メンテナンスから遠ざかってしまうほど、防水施工も弱まっていく相乗効果が発生します。普段から定期メンテナンスを実行してもらえるうちは、防水施工の効果も高いので、むしろメンテナンスされなくなったときこそ自分から防水コーキングを検討すると良いでしょう。

防水コーキングが経年劣化していても、自分で修理できます。屋上は直射日光が当たりますので、紫外線による劣化も考慮しましょう。亀裂が発生していたら、すぐにコーキングします。コーキングせずに、いずれ工務店に修理してもらおうと考えていると、雨漏りが発生しないとも限りません。亀裂している箇所の上に、コーキング剤を塗布しておけば、しばらくは安心です。

ホームセンターで購入するときは、必ず防水性の商品を選びましょう。防水性で、屋外施工用のコーキングを選んで、亀裂を修理しておけば、雨が建物の内部に入り込みません。亀裂が発生していなくても、屋上の表面が乾燥しにくくなっているときは、ゆっくりと雨水がしみていく可能性があります。少ない雨水でも、ゆっくり浸透すると雨漏りの遠因になりますので、屋上の排水機能を悪くさせないように排水溝を掃除しておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *