雨漏り修理にも役立つ屋根塗装

屋根板が金属製で、経年劣化により膨張したまま反ってしまっていると、隙間から雨水が入るようになります。

屋根板と屋根板とは重なり合うように施工されているので、垂直方向に降ってくる雨は簡単に防げるのですが、水平方向から降りかかってくる雨水は入りやすいです。屋根の傾斜角度がゆるい施工の場合も、雨水が流れ落ちる前に屋根板と屋根板との隙間に流れ込みやすいので要注意です。雨漏りが発生した場合は、防水シーリング材で隙間を埋めれば解決できます。防水シーリング剤は、亀裂した箇所に塗布できますし、大き目の隙間ならば詰めるようにシーリング材を埋めることもできます。

雨漏りを修理するときに覚えておきたいのが、防水シーリング剤も保護できるように施工できる点です。防水シーリング剤は自然に経年劣化してしまいますので、昼夜の気温差が激しい地域では一年間くらいしか効果が持続しません。防水シーリング剤が乾燥してから、上からまるごと屋根塗装を施工しておくと、塗膜による保護効果で防水シーリング剤も長持ちしやすくなります。

雨漏りの修理というと、防水シーリング剤だけで施工される場合が多いのですが、外壁塗装と組み合わせて修理すると、本来の保証期間よりも寿命が長くなりやすい傾向になります。雨漏りしている箇所に防水シーリング剤を施工して、乾燥してから屋根塗装を施工するのが順番です。屋根塗装を新しく施工しても、その後に防水シーリング剤を塗布すると、防水シーリング剤の劣化は早いので、屋根塗装を後にしたほうが経済的にも雨漏り予防にも効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *