一戸建て住宅の雨漏りの修理

一戸建て住宅の天井から雨漏りをしている時は、屋根修理を行うことが必要になります。

屋根修理は屋根の上で作業をすることが必要になるため、素人が行うことは非常に危険です。住宅から雨漏りがしている時には必ず業者に診てもらうことが必要で、リフォーム業者や工務店などに依頼します。住宅の屋根はスレート葺きや瓦葺きなどがありますが、どのような種類の屋根でも修理をすることができます。業者は屋根に登って原因になっている穴を見つけてくれ、穴を接着コーキングしてくれます。

穴を塞ぐと雨水が侵入することはなくなり、天井から水が落ちることはなくなります。業者に雨漏りの修理を依頼した時の料金は屋根の状態によって違いがありますが、料金の相場は30万円から100万円程度です。ただし、経年劣化によって屋根がボロボロになっている場合には屋根全体を交換することが必要になりますので、100万円から300万円程度の費用がかかります。

正確な金額については、実際に屋根を診てもらって見積もりを出してもらうと判明します。雨漏りを修理する際には、屋根の塗装工事を同時にしてもらうと一戸建て住宅の外観の見栄えがとても良くなります。ウレタン系やシリコン系の塗料を使うと屋根の耐久性や防水性が高まりますので、雨漏りがしにくくなります。屋根の塗装工事の代金は50万円から100万円程度で、屋根の状態によっては50万円以下で塗装工事ができる場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *