修理費用を惜しんで雨漏り修理を先延ばしにする危険

住宅の役割の中でも、家族や家財を雨風や日差しなどから保護することは特に大切なものです。

ところが雨漏りが生じるとその機能が著しく損なわれるので、修理費用をかけてでもすぐに直す必要があります。雨漏りの修理費用は修理が必要な場所や規模によっても異なりますが、大部分は屋根が原因であり根本から修理する必要があるので高額になりがちです。それで中には一時しのぎにとどめ修理を先延ばしにする人もいますが、そのような対処法は住宅にとってダメージが大きくなります。住宅に雨水が入ることは、想像する以上に深刻です。

というのは室内に雨が漏るという目に見える状況になる前に、屋根裏や内壁の裏ですでに雨水による腐食が進んでいることがあるからです。このような状況で豪雨や大型台風に見舞われると一気に劣化が進み大きな二次被害に発展します。また常に水分がある状態でカビが繁殖し、シックハウス症候群などの原因になるケースもあります。もうひとつ気に留めておきたい点は、湿気やカビが原因で木材が腐食すると、それを好物とするシロアリの発生も誘発するということです。

シロアリによる被害は深刻で、家の構造体そのものがダメになることもあり、そうなった場合の修理費用は雨漏りの時とは比較になりません。雨漏りの兆候として、天井や壁紙に水のようなシミが見えることや、天井裏で水滴が垂れる音が聞こえることがあります。そのような場合にはすぐに専門家による正しい判断を求めることが、修理費用を抑えるコツと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *