雨漏りの修理費用の比較検討について

雨漏りの修理費用は、安価な工事から高価な工事まで幅広く存在します。

安価な雨漏りの工事の事例は、サッシ廻りのシーリングが劣化して、その部分から漏水した際の修理費用です。工事工法としては、シーリングが劣化した部分を明確にして、既存シーリングを撤去及び処分します。その部分にプライマーと言われる密着性を向上させるために塗布します。塗布後に既存サッシと同色のシーリングを新規に打設します。その後に乾燥させると完成です。シーリングの打設工事は、その他の雨漏り修理費用よりも安価の事例が多いです。

修理の費用で高価な部類に入る工事は、外壁の張り替えや屋根の葺き替え工事が高価な事例が多いです。特に外壁の張り替え工事は、既存外壁材の解体から始まり下地の胴縁を新規に取り付けしたりなどの付属の工事が多く、さらにサッシやその他入隅や出隅などの役物を廻したりなども費用が高価になる要因です。また、屋根の葺き替え工事に関しても同じ様な事が言えます。既存の屋根を解体して、腐食している合板やアスファルトルーフィングなど交換も必要となって来ます。

最近は、安全面を考えて屋根の板金工事をする際に足場の間を親綱と呼ばれる安全帯と呼ばれる命綱をかける綱を渡す事が標準となっております。安全対策は必ず必要な物ですが、費用がどうしてもかかってしまいます。その後に、新規屋根材を葺く事により雨漏れを改善する事が出来ます。この様に、雨漏り修理費用も比較検討しながら症状にあった工法をして頂きたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *