修理費用が高い雨漏り

最近は、異常気象が続いており、想定外の大雨や大風、台風や雪害などが日本全国で続いており、多くの被害が出ています。

強い雨や風、大雪などにさらされている屋根は、夏にも強烈な太陽の紫外線を浴びており、一年中過酷な自然環境の中にあるため、日々劣化が進行しています。屋根が劣化すると、徐々に塗装が薄くなったり、ひびが入ったりしやすくなり、強い雨や風、大雪などで屋根の内部に水分が入り込むようになってきます。屋根の内部に水分が入り込んでしまうと、亀裂が深く、太くなったり、内部の木材などが水分を含んで傷んだりして、さらに水分が入り込みやすくなるので、大量の雨が降ると、雨漏りをしてしまうほどの劣化につながってしまいます。

雨漏りとして、部屋の内部に入り込んでしまう水は、屋根から内部に入り込んでいる水の一部なので、部屋の中からは見えない屋根裏や壁の内側には、大量の水が入り込み、建材に水がしみ込んでいることが多いのです。雨漏りの修理費用は、屋根など、雨が入り込んでいる部分をふさぐための費用、と思っている人が多いかもしれませんが、一度雨水がしみ込んだ建材は、弱くなったり、劣化したりしていることが多いので、取り換えたほうが良かったり、すでに劣化が進んでいて取り替えなければならなかったりします。

また、壁の内側や天井裏、床下などに被害が及んでいる場合には、壁や天井、床をはがしての大規模な修理になるため、修理費用はとても高くなってしまいます。高い修理費用をかけることになる前に、屋根の塗り替えをするなどのメンテナンスを定期的に行うことのほうが節約になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *