応急的な雨漏り修理を自分でする

温暖湿潤気候で、高温多湿とよく言われるこの日本に住む私たちにとって、雨は以前も、そして今後も非常に身近な存在でありつづけるでしょう。

しかし、建築から長い年月がたった家屋では、多量の雨に耐え切れず、しばしば雨漏りが発生してしまうことがあります。もし雨漏りが起きてしまった際には、屋内に水滴が入ってくる等、生活に支障を与える可能性もあるため、しっかりと修理をすることが必要です。雨漏り修理は、多少の工事を伴う場合が多いので、根本的な修復をするためには業者に依頼をするほかありません。しかし、あくまで応急的な雨漏り修理なら、個人でもすることができます。

天候が数日は悪くなりそうにない、という場合など、急遽業者を呼ぶ必要がないときには、自力で応急的な補修をすることも十分ありです。実際に、個人でできる雨漏り修理の方法がいくつかあります。まず、ブルーシートで応急処置をする方法です。これは非常に単純で、細かい作業も必要としないため、短時間での修復が可能です。

この方法は簡単ですが、やや目立ってしまうのが数少ない欠点です。修理を要する箇所が小さく、目立たないようにしておきたいのなら、防水テープやシリコーンで損傷を塞ぐ方法も便利です。どちらもホームセンター等で比較的安価に販売しているため、入手も難しくありません。あくまでここまでに紹介したのは雨漏りの「応急的な」修理方法であって、いずれ業者に依頼をすることになります。雨漏り修理までの一時的な補修として、個人での修理をしておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *