雨漏り修理はできるだけ早めに

台風や大雨などの時に、急に雨漏りがしてくるという場合、雨がやんでしばらくすると雨漏りがしなくなることが多く、直ったと思って放置してしまったり、つい後回しにしている間に時間がたってしまうことがありますが、雨漏りを発見した時には、できるだけ早く雨漏り修理をする必要があります。

雨漏りは、屋根や屋根と壁との連結部分、壁などから家の内部に雨の水分や風が侵入している状態で、部屋の中に水分が到達するまでには、屋根裏や天井裏、壁の内側などに大量の水が入り込んでいる状態です。ぽたぽたとおちるしずくになっていなくても、壁や天井の一部が濡れていたり、変色したりしている場合も雨漏りと同様に大量の水分が家の内部に侵入している可能性があるので、見つけたらすぐに雨漏り修理をすることをおすすめします。

家は、水分に大変弱く、一回水分を含んでしまうと急速に劣化が進みます。少しでも水分が侵入していることを発見したらすぐに雨漏り修理をしなければ、壁や天井をはがして内側の構造体を取り替えたり、場合によっては建て替えをする必要が出てくることもあるので、被害が小さいうちに雨漏り修理をするようにしましょう。

できれば、雨漏りがする前に、屋根や壁の細いひびや亀裂、塗装の劣化などをメンテナンスして、家を丸ごとバリアのように守るようにすることがおすすめで、こまめにメンテナンスをすることで家の寿命をのばすことができます。新築でも10年が経過したら、一度点検を受けてみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *