水道詰まりをDIYで修理する方法

生活には欠かすことが出来ない水道は、住居内においては家族共用の設備であり1日に何十回と使用するものです。

その為トラブルも起きやすいものですが、昨今では水道トラブルが起きれば迅速に駆けつけて対処をしてくれる専門会社も増えて心強くなりました。ただ、水道修理は比較的費用が高く掛るのも特徴でパッキンの交換なら約2000円、水道詰まりなら2万円以上になってしまいます。そこで活用したいのが、DIYです。DIYとは日曜大工の略語であり、自身で修理をするということでも用いられる言葉です。今では身近な商業施設になったホームセンターで、修理関連の部品なら何でも手に入るので活用しましょう。

水道詰まりの場合は、「ワイヤーブラシ」と「パッキン」の2つを購入します。用いる道具はプラスドライバーとモンキーレンチの二つになり、水道修理以外でも良く用いる道具なので持っていない場合は備えておくと便利です。修理を始める前に、まず給水栓を閉めます。その後モンキーレンチを使って蛇口を水栓から取り外して、ワイヤーブラシをゆっくりと挿入していき計10回ほど前後に動かします。

水道詰まりの原因は、水に含まれている塩素が凝固したことで水道管内を塞き止めているのが原因です。ワイヤーブラシで管内部を掃除してあげれば元通りの水量に戻ります。仕上げに蛇口のパッキンも取り換えれば終わりで、掛かる費用は約2000円ほどと専門会社に依頼するよりも遥かにお安くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *