高圧洗浄で水道詰まり修理が薬剤なしでできる

蛇口を開いても水が全く出ないとか水量が十分ではないとき、工事による断水の可能性を疑います。

でも断水が必要な工事は減ってきており、原因は配管の老朽化の可能性が高いです。長年使用を続けてきたことでサビが発生し詰まったり、水の成分が付着したりして管の流れを塞いでいる可能性だってあります。鉄や亜鉛といったミネラル成分は管内に付着しやすく、築10年から20年も経てば付着していておかしくありません。

水道詰まり修理は、給水管洗浄を得意とする会社に依頼を行えばすぐに対応してもらえます。排水管が詰まったときは薬剤で溶かしますが、飲み水がでてくる給水管に対しては薬剤を使わない施工が行われ、圧力をかけて行う洗浄方法です。戸建住宅の場合、1日あれば全ての水回りで水道詰まり修理を行うことができるでしょう。注意しなければならないのは、給水管そのものが激しく劣化している場合です。圧力をかけたら穴があきかねないほど劣化しているなら、洗浄するより配管の交換を選んだほうが今後水漏れの心配をしなくて済みます。

蛇口の水にサビが多くて、家を建ててから20年以上経過しているなら、どちらを選択すべきか施工会社とよく相談して決めましょう。配管替えなどリフォーム工事をしたのにもかかわらず水道詰まり修理が必要になってしまったのであれば、配管の仕方に誤りがあったか、管内にゴミが残っている可能性があります。リフォームを請け負った会社に連絡し、チェックを依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *